「宮城オープンゴルフトーナメント2021」開催中止のお知らせ

 新型コロナウイルスの全国的な感染急増を受け、8月24日(火)、政府は宮城県(含む8道県)のまん延防止等重点措置を格上げし「緊急事態宣言」の対象地域に追加すること発表しました。期間は8月27日(金)から9月12日(日)まで17日間。

 この発表を受け、PGA東北プロゴルフ会及び、宮城オープンゴルフトーナメント事務局では2021年9月7日(水)〜8日(金)に開催予定の「宮城オープンゴルフトーナメント2021」について、慎重に検討を重ねた結果、参加選手の皆様をはじめ大会関係者の方々の健康、安心、安全を最優先に考慮し、誠に残念ではありますが2021年大会の開催中止を決定いたしました。

 トーナメントの開催を楽しみにしていただいていた参加選手の皆様や、開催コースの松島国際カントリークラブ様、ご協賛いただいたスポンサーの皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。来年の開催予定につきましてはあらためまして当ホームペーにてご案内させていただきますので何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

PGA東北プロゴルフ会
宮城オープンゴルフトーナメント事務局

宮城オープンゴルフトーナメント2021参加申込受付中!

参加申込開始しました。多くの選手の皆さんのご参加をお待ちしております!

当ホームページよりお申込みいただきます。下記リンクから直接お申込みください。
トーナメント
参加申込
※左のQRコードを読込んでスマートフォンからもお申込みいただけます
(注)迷惑メールの設定などにより申込受付メールが受信できない場合がありますので、
(@ag-open.jp)からのメールの受信を許可いただきますようお願い申し上げます。
参加申込方法
お問合せは宮城オープンゴルフトーナメント事務局まで。
宮城オープンゴルフトーナメント2021開催決定!

当トーナメントを応援していただけるご協賛社募集中!

 宮城オープンゴルフトーナメントは、被災した地元プロを応援しながらアマチュアゴルファーも楽しめる大会を作ろうと集った有志たちと、それをあたたかくご支援・ご協力していただいている多くの方々によって、東日本大震災の翌年2012年から毎年開催している地元密着型のゴルフトーナメントです。

 今年で9年目を迎え、2016年より大会会長に菊田陶業株式会社代表取締役社長菊田浩之氏が就任。また、PGA東北プロゴルフ会(相澤敏弘会長)が主催となって万全の協力体制の下、賞金総額500万円、優勝賞金150万円、2日間・36ホールとさらにパワーアップして本年度も開催が決定いたしました。

 2019年度も「おらほのプロを応援しよう!」「被災した東北のジュニアゴルファーを応援しよう!」「被災した東北のゴルファーを元気にしよう!」をテーマに、東北のプロゴルファーとの親睦を深め、スキルアップはもちろん、楽しく思い出に残る2日間にしたいと考えております。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

ご協賛のお申込み、お問合せは宮城オープンゴルフトーナメント事務局まで。
ご協賛のお願い ご協賛申込書
【宮城オープンゴルフトーナメント2021・大会概要】
大会名称宮城オープンゴルフトーナメント2021
開催日程2021年9月7日(火) トーナメント 第1ラウンド
2021年9月8日(水) トーナメント 第2ラウンド
開催コース松島国際カントリークラブ(宮城県黒川郡大郷町)
主催PGA東北プロゴルフ会
後援東北ゴルフ連盟・宮城県ゴルフ連盟
大会会長菊田陶業株式会社 代表取締役社長 菊 田 浩 之
メインスポンサー菊田陶業株式会社
協力ニチニチ製薬株式会社東北支社
松島国際カントリークラブ
運営宮城オープンゴルフトーナメント事務局
賞金賞金総額 5,000,000円 優勝賞金 1,500,000円
競技方法2日間・36ホールストロークプレー(予選カットなし)
2019年大会は難コンディションを制した内藤プロが初優勝!

初優勝を飾った内藤プロ

 「おらほのプロを応援しよう!」「被災した東北のジュニアゴルファーを応援しよう!」「被災した東北のゴルファーを元気にしよう!」をテーマに、ことしで8回目の開催となりました宮城オープンゴルフトーナメントは 5月6日(月)にプロアマチャリティ大会が、5月7日(月)、8日(水)に宮城オープンゴルフトーナメントが賑やかに開催されました。

 初日のプロアマチャリティ大会は早朝から穏やかな好天に恵まれ、プロ38名、アマチュア114名が参加しアマチュア3名とプロ1名で1グループとなってラウンド。間近でプロのプレーを見ることが出来る楽しいひとときを送りました。団体の部は相澤プロチームが優勝。プロの部では崎山武志プロが初優勝を飾りました。

 宮城オープンゴルフトーナメントは2日間競技となり5月7日(月)、8日(水)に開催されました。プロ、アマチュアを含む92名(欠場5名)が参加し第1ラウンドが行われた結果、54位タイまでの60名が決勝に進出。予選・決勝とも好天に恵まれたものの難セッティングと冷たい強風のなかのプレーとなり多くの選手が苦戦を強いられました。

 そのなかで、初日・第1ラウンドで出場唯一のアンダーパー、通算2アンダー・70をマークした内藤貫太郎プロが決勝でも耐えるゴルフで通算4オーバー・76でラウンドし通算2オーバー・146で初優勝に輝きました。また、ベストアマには木村美月選手が輝きました。

 詳しい情報は「プレビュー」でご覧ください

プロアマ団体優勝の相澤プロチーム
プロアマ個人優勝の崎山プロ
ベストアマに輝いた木村選手